紫外線について

5月を制した者は、エイジングを制する

紫外線の中でも、肌深層部にダメージをあたえ、老化を加速させる【生活紫外線(UVA)】のピークは5月!!
特に雨の間に降り注ぐ紫外線は危険大!!湿ったアスファルトからの照り返しは肌を直撃します。光老化ともいいます。
エイジングは、5月に加速するのです!

5月は、なによりも、
焼かない!
乾かせない!
シミを作らない!…これにつきます(^-^;が、そんな訳にもいかないのがこの季節。
行楽シーズンですもんね~
ってことで対策と美白ケアをしっかりやっていきましょうね~~!(^^)!

 

シミ・くすみのプロセス

紫外線を多く浴びると①~③のプロセスでシミやくすみがあらわれます。
春の陽射しの心地よさにうっかりしていると…【シワ・タルミ】にまで…進んでしまいます。
さらに、若さの象徴【透明感】を保つ為にも、紫外線に負けるわけにはいかないのです。(*^^)v

★対策は…

UVプロテクトを日常的に使用する
…ベースメイクとのダブルでプロテクトする。「SPF15」あれば防止効果はさほど変わりません。
SPFよりも「PA++」この「+」が2個以上のものが良いと思います。
SPFとは「どのくらい日焼けを遅らせる事が出来るか」を測定して表示されているので
単純に足し算して考える事は出来ませんが、重ねる方が日焼け防止にはなります。

角質のケアと水分の補給
…日焼け後は乾燥しがち、角質を柔らかく保ち、角質の除去ケアを週2回は行う。万が一、焼けてしまったら??
ほてりや熱が出ている場合は、【冷やす】事が大切です。
刺激にならないようにタオル等で。数日はメイクを控え、様子を見てから、ホワイトニングケアを

美白用スキンケアを使用する。
…紫外線は潜伏期間が長く細胞が記憶するのでその日の内にリセットしましょ。

関連記事

  1. 夏は痩せやすい? 太りやすい?

  2. 梅雨肌には、朝の魔法を!!