腸って、何するとこなん?!(消化器②大腸)

自分の体の事知ってみよう~! 第5弾、大腸(消化器)について( *´艸`)
知っているようで知らないのが、自分の体の中の働き。
前回に続いて、今回は【大腸】
特に胃腸は肌と深い関係があるので知ってて損することはないっ!!
美肌=胃腸が健康といいますよん( *´艸`)

さてさて、胃から十二指腸・小腸の次は、【大腸】について。
大腸に送られてきた内容物は、大腸で水分を吸収されて固形化していきます。
その量が一定に達し、直腸の緊張が高まると…排便となります。
皆さまご存知の、うんちくんです!(^^)!



健康な排便って…( *´艸`) 短歌にもあるように
【山吹の なぎなた1本 紙いらず 量多くして 香りまた良し 】

★山吹の…山吹色で
★なぎなた1本…形・量
★紙いらず…収縮が良い
★量多くして…直径4㎝位・長さは足のサイズと同じくらい
★香り又良し…自分の物は臭くない

しかも、20センチくらいの便のうち、食べ物のカスは1/3、
2/3~1/2は腸内細菌(死骸)&粘膜の代謝産物となっています。

これが健康な便だそうですよ(≧▽≦)
皆さまいかがですか? たまにはご自分の便を確認してみてくださいね!(^^)!

さてさて、美との関係が深いといわれている胃腸。
消化器系の機能低下でなにがおこるか?よく効くお悩みの、
①便秘=肌荒れ・二キビ・吹き出もの
②炎症
③敏感肌
④肌老化
⑤血管拡張

例えば、胃腸機能低下すると、血中の中性脂肪が高くなり、吹き出物の原因と
なることがあります。
なぜならば、皮脂視線の皮脂は、血中の中性脂肪からできているからです。\(◎o◎)/!

美肌=胃腸の働き  となるわけです。

今はやりの腸活もいいでしょうし、サプリなんてのもいいかもですね。
もっとお手軽にという方はまず、

●十分な睡眠・休息をまずとってみて下さい。リラックス=副交感神経が優位になる。
 鳩尾(みぞおち)あたりを温めることもオススメ♪
●手足をあっためる
●姿勢を良くする。…背筋をまっすくにするだけで内臓温度は0.5度くらい上がるよ~

食事する時は、よく噛んで(唾液が大事)、楽しく(膵液・胆汁の分泌を促して)、
頂きましょうね~!(^^)! 





関連記事

  1. 久々に…寒い福岡

  2. 最近多い、下肢(脚)のダルさと慢性疲労

  3. 毎日やること…①食事編part2 脳をだませ

  4. 大人女子も好き、自分へのご褒美★

  5. 毎日やること…ながら美容で鍛える口輪筋

  6. 秋が来るんだなぁ…